築30年の住まいが細かい痛みや基礎の割れも出てきたので『何か手を打たなくては』と検討しているうちに“不便な部分の増築”と“痛んでいる部分のリフォーム”が必要と思うようになりました。

業者さんを地元の業者に選んだのは、『万が一の時はすぐに対応してくれるように』と期待したからです。

実際に松本棟梁に会って話を聞いてみると、一貫性があり『信頼できる』と思ったことが決め手です。
牛久市田宮町   妻木様ご夫妻